歴史調査(日本列島の歴史 ジオ・ジャパン)

歴史調査(日本列島の歴史 ジオ・ジャパン)
縄文にはまっていますが、日本列島の誕生の歴史が気になりだし、NHKスペシャル「列島誕生・ジオ・ジャパン 前編・後編」という番組、および、番組内容をまとめた本、「激動の日本列島 誕生の物語」宝島社、番組製作斑監修、2017年初版を、参考に少し整理してみる。

日本列島に起きた4つの事件で、激動の日本列島 誕生の物語としている。
まず、その誕生の前夜として

日本列島誕生前夜1・・・・地球の誕生
・約46億年前銀河系の片隅で太陽系が誕生した。
・ガス円盤で生まれた太陽系の惑星たち(太陽近くの惑星では高温のため重い元素が主で岩石惑星、遠い惑星は氷惑星となった。)
・誕生直後の地球はマグマで覆われていた。
・生命を生み、育んだ母なる海の存在

日本列島誕生前夜2・・・・巨大大陸の誕生と分裂
・地表が冷えていき、最初の陸地と海が生まれる。
・陸地が衝突・合体し超大陸が形成された。
・2.5億年前に実在した超大陸パンゲア
・パンゲア大陸が分裂、日本列島はまだ存在しない。(一億年前)

第1の事件・・・・大陸からの分離
・岐阜県白川町の飛水峡にあるチャートはハバロフスクにあるチャートに一致し、日本列島は大陸に一部であった証拠(含まれる放散中の化石が同じ)
・岩石内の鉄が示す「大地の移動」とは?
火成岩に残る「方位磁石」の方向が、日本列島の(観音扉のように回転し「く」の字状になった)回転と回転方向が一致。
・3000年前裂け、2500年前海水が流れ込み、1500年前にはくの字状に回転し日本海が出来た。
・その原理は
太平洋プレートが大陸プレートの下に潜り込むと、その先端では地球内部で上方に逆流が発生し、大陸プレートの先端が引き裂かれる。

第2の事件・・・・火山島の衝突
・山奥にサンゴの化石?丹沢山地の謎
・大陸の先端が引き裂かれるに影響で、フィリピン海プレートの東端が沖縄方面からから伊豆方面に移動、くの字状の屈曲点は海峡で東日本と西日本はつながっていなかったが、そこに向けてフィリピンプレートの東端に沿って存在した火山等列(伊豆小笠原弧)が次々に衝突した。
・1500万年前衝突開始、甲府盆地西側の櫛形山地、次に御坂山地、次いで丹沢山地、次に100万年前伊豆半島が衝突した。
・くの字の屈曲点(海峡だった)が埋まりくの字になったのは500万年前
注、別の本(地図で楽しむすごい神奈川)では、丹沢は600万年前の衝突と書いてある。

第3の事件 世界最大規模のカルデラ噴火
・紀伊半島の奇岩にかくされた山国誕生の秘密とは?
高さ150m幅500mの一枚岩ができた火砕岩は、1400万年前カルデラ噴火の一部、このカルデラの下には神奈川県と同じ大きさの岩が埋まっている。
・紀伊半島に火山は今は無い。紀伊半島の山は、この時に出来た地下の花崗岩が浮き上がって山を作り出していた。(花崗岩の比重は地中の平均よりも軽い)
・同様なことが、東海から九州まで起こっていた。西日本の山はこうして作られた。
・こうした現象はフィリピン海プレートの移動に伴い大陸プレートとの割れ目から出た灼熱のマグマに西日本が熱せられ、巨大カルデラ噴火が多発した。

第4の事件・・・・山国をつくりあげた「東西圧縮」
・八海山の山頂に河口の痕跡?東日本大隆起の謎にせまる。
山頂の丸い石は川で作られたもの
・房総半島では300万年前(東西方向)と後(北東方向)では地質の向きが異なる。これはフィリピン海プレートの押す方向が北西方向に変化したためである。
・東日本沿岸の太平洋プレートの沈み込みラインが近づき、そのために日本列島が圧縮されて(東西圧縮と呼ばれている)東日本に山ができた。


以上のようにして日本列島に山ができたのだが、もし日本列島に山がなかったなら、降水量はシュミレーションの結果1/10になっていた。

トピックス1(文中に話題提供的に載っている)
地球の生物の大量絶滅史
・オルドビス紀末(4億4340万年前)・・・85%死滅、気候変動?超新星爆発?
三葉虫、腕足類、ウミリンゴ、サンゴ、筆石
・デボン紀末(3億5980万年前)・・・80%死滅、古代魚類、海無脊椎動物
・ペルム紀末(2億5217万年前)・・・海生95%死滅、全生物の90死滅
・三畳紀末(2億13万年前)・・・50%死滅
・白亜紀末(6600万年前)・・・75%死滅、恐竜、アンモナイト、メキシコ隕石

トピックス2(文中に話題提供的に載っている)
地球誕生以前、宇宙はどのように誕生したか?
・ビッグバンは138億年前(第1のインフレーション)・3分後ビッグバン原子核合成、38万年後水素原子(宇宙の晴れ上がり)
・1~5億年後ファーストスター誕生、8億年後銀河誕生
・60億年前から第2のインフレーション

感想
日本列島の誕生の経過がわかりやすく、まとめてあり、なるほどそうだったのかと思った。
花崗岩の産地は西日本、ブラタモリで関門海峡は花崗岩のところだけ風化してなくなり、海峡になったとか、広島等中国地方の土砂崩れは、花崗岩の風化した真砂層があるためだとかよくわかる。旧石器時代、縄文時代の日本列島を理解するためには、海峡の深さ、気候と海抜、海流、植生等自然をさらに詳しく調査していきたい。
追記
上記は間違いでした。花崗岩が下に埋まっているのは、正しくは四国の山々でした。





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック