歴史調査(神奈川県の歴史 ジオ・カナガワ その2)

歴史調査(神奈川県の歴史 ジオ・カナガワ その2)
神奈川県の地質、大地の生い立ちを、多少理解しておきたいので整理する。「日本海の拡大と伊豆弧の衝突ー神奈川の大地の生い立ち」有隣新書、有隣堂、藤岡換太郎編、2014年初版
この本には、神奈川県の三浦半島、丹沢山地、箱根火山等の地質・生い立ちが詳細に書いてるが、まず、終章に書いてある、神奈川の大地の成り立ちを要約する。
画像

終章 神奈川の大地と日本列島

日本列島
①・一億年前 中生代白亜紀
ユーラシア大陸東縁部は、太平洋プレートやもっと古いプレート(イザナギプレート)が沈み込み付加体を作っていた。(秩父帯、四万十帯)
②・2000万年前 
日本列島が分裂をはじめる。南北に横切るフォッサマグナが形成され、西日本と東日本が明瞭に分かれる。
③・1500万年前以後
日本海の拡大が終わった後、北部フォッサマグナは、東北日本の油田地帯の延長になり(同様の堆積物で埋まる)、南部フォッサマグナは、フィリピン海プレートが北進を初め、伊豆・小笠原弧(丹沢等)が衝突して埋まり、日本列島ができた。
(衝突により、前記秩父帯、四万十帯はそこだけ八の字のように押し込められ曲がってしまったようだ、四万十帯の八の字の右側は、小仏から江ノ島、左側は赤石山脈)写真の宮崎ー高知ー和歌山ー静岡ー神奈川に列状にある黄緑色の部分が四万十帯です。
もっといい画像がインターネットでありますが、著作権の関係で関係のない画像はコピーしないことにしていますので悪しからず。

神奈川の大地の生い立ち
①日本列島ができる前(1億~3000年前)
ユーラシア大陸東縁部は、イザナギプレートが沈み込み、付加体である秩父帯、三波川帯、領家帯が帯状配列し、その南には、7000万年~3000万年前の四万十帯が帯状配列していた。
神奈川県で最も古い岩石は、小仏層群や相模湖層群の砂岩や頁岩で、1億~3000年前に海底に堆積したものです。これらは、大陸から運ばれてきた砂や泥、礫が大陸棚や斜面に堆積したり、海溝に堆積したタービダイド(乱泥流堆積物)で、チャート、石灰岩、塩基性火山岩はほとんど含みませんが、海溝で沈み込むプレートから剥ぎ取られた海洋地殻や海山の破片で、関東から九州まで連続的に帯状に分布し、四万十帯と呼ばれています。
②海底火山列の形成
(日本海の拡大と、フィリピン海プレートの北~北西進する約5000万年から1500万年前)
5000万年前から3400万年前に海底火山列が成長し伊豆・小笠原弧が形成されました。
2000万年前から日本列島が移動、フィリピン海プレートも移動。(ジオ・ジャパンで記載したとおり、この2つの移動が停止したとき、伊豆・小笠原弧が衝突してフォッサマグナを埋めて列島がつながった。)

・日本列島の形成と共に、その南では1700万年~1100万年前に海底火山列の活発な火山活動が続き、丹沢山地をつくる枕状溶岩や水中火砕岩、火山噴出物などが海底火山の周辺に厚く堆積し、後の丹沢層群や御坂層群などの上部地殻が形成されました。丹沢層群には、陸から運ばれてきた、砂、泥、礫などは全く無く、亜熱帯で生息するサンゴや水深2000m以上で生息する有孔虫などを含む海でできた石灰岩があります。
・火山列と海溝の間の斜面(深さ2000m~3000m)に堆積した葉山層群(1500~1200万年前)や三浦層群(1200~400万年前)が形成され、後に付加して三浦半島を形成しました。

③伊豆・小笠原弧の誕生(太平洋プレートの沈み込みによって火山活動がさらに活発化し、島弧地殻が形成された1500万年前~800万年前)
地下深くでは、マントルから上昇してきた玄武岩質マグマが地殻を溶かして安山岩マグマをつくり、固まって島弧の中・下部地殻を形成した。丹沢山地に中心部に貫入しているトーナル岩や斑レイ岩もこのようにしてできた深成岩です。また、
これらが高熱、高圧により緑色片岩、角閃石片岩などの結晶片岩類を作りました。
④伊豆・小笠原弧の衝突と山地の形成
・丹沢地塊が本州に近づき、800万年前~600万年前頃、丹沢山塊と本州との間にトラフができ、丹沢山塊と本州陸地の両方から押し流された土砂や礫などが堆積しました。(丹沢層群寺家層)
・500万年前になると、さらに丹沢山塊は本州側を押し合げ、本州側から大量の礫や砂が供給されました。(丹沢層群落合層)
・そして丹沢山塊は沈み込めずに付加しました。また、丹沢山塊東側に広がる海底斜面で形成された葉山層群や三浦層群も本州に一緒に付加し、三浦半島および大磯丘陵の基盤をつくりました。
・房総半島や三浦半島に見られる玄武岩りぃや蛇紋岩類は葉山層群と共に葉山ー嶺岡帯を構成しています。これらの岩石は、葉山層群よりも古い時代(4000万年前)のに形成されていたもので、丹沢地塊の衝突に伴い、葉山層群に接して現れてきたものです。
伊豆地塊の衝突により、隆起した小仏山地や丹沢山地の東側では、急勾配の海底斜面が形成され、陸から押し出された土砂や礫が堆積しました。(中津層群)
・さらにその沖合には、水深数百メートルの海が広がり、本州側の陸地から流されてきた土砂や火山灰が堆積して、上総層群が形成されました。この海はやがて浅くなり陸化していきます。
⑤陸上の火山活動と台地・丘陵の形成(200万年前~現在)
・80~70万年前 宇佐美火山、熱海火山
・40万年前 湯河原火山・箱根火山
・箱根火山や富士山から噴出した火山灰は関東ローム層と呼ばれる。
年代の古い順に、多摩ローム層、下末吉ローム層、武蔵野ローム層、立川ローム層に区分される。
・神奈川県東部には、多摩丘陵や相模原台地のような起伏が緩やかで平坦な地形が広がっています。
これらの地形の形成には、河川の侵食、堆積作用、火山活動が重要な役割を果たしています。
100万年前から始まった氷期と間氷期の繰り返しは、海水面の上下変動をまたらし、海退期には河川の砂礫が堆積し(河岸段丘堆積物)、海進期には海が内陸にまでは入り込んで泥や砂が堆積しました。(相模層群)
また、火山灰が厚くつもり、プレート運動による隆起も起きました。
二万年めになると、最終氷期になると海岸線は120m程低くなり、広く陸化しました。
1万年前から温暖化が始まり、6000年前最も暖かい時期には、海面は2~3m上がり、広い内湾が形成されて土砂が厚く堆積しました。(沖積層)
その後、海面の低下と、地盤の隆起により内湾が陸化し、平野や低地が形成されました。

今後の課題
日本海の拡大、フォッサマグナの形成メカニズムや年代、フィリピン海の発達史などは不明な点がまだ多いのが現状で、神奈川の大地の発達史もこれからの研究が待たれる。

追記
伊豆・小笠原弧の図をみて、面白いと思ったこと。
・母島、父島は、それぞれ列島で、婿島列島というのも父島列島に上にある。
・上記列島の西側には、日曜海山~土曜海山の7つが並んであり、その先が硫黄島である。

感想
地学は、習った覚えがない、調べていてなかなか面白いと思った。最近ブラタモリをテレビでみるが、彼は本当に博識だと思う、そういえば小学校の時、先生に連れられて化石採集や岩石採集に行った記憶がある。もうすこし、勉強してみたいと思う。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 歴史調査(地球史 神奈川にある岩石・鉱物・地層)

    Excerpt: 歴史調査(地球史 神奈川にある岩石・鉱物・地層) かながわの自然図鑑①「岩石・鉱物・地層」有隣堂、神奈川県立生命の星・地球博物館編、2000年初版、2016年新版という本を借りてきました。 ブログ.. Weblog: 歴史探訪・歴史調査 racked: 2018-11-12 21:45