歴史探訪(神奈川県立博物館 特別陳列「古文書が語る富士山宝永噴火-神奈川県域の被災と復興-」)

歴史探訪(神奈川県立博物館 特別陳列「古文書が語る富士山宝永噴火-神奈川県域の被災と復興-」)
2020年1月16日(木)神奈川県立博物館を訪問して、上記特別陳列を見学した。その後、常設展に展示してあるトピックス展示「二代歌川広重「諸国名所百景」第二弾」を見学したので簡単に報告する。

特別陳列「古文書が語る富士山宝永噴火-神奈川県域の被災と復興-」
houei.jpg
HPより一部抜粋コピー
約300年前の宝永4年11月23日(太陽暦1707年12月16日)、富士山が大噴火を起こしました。噴出された膨大な火山灰は静岡県御殿場市と小山町(駿河国駿東郡北半部)から神奈川県域(相模国および武蔵国南部)にかけて大量に降下し、地域一帯を埋め尽くしてしまいました。これにより、耕地はもちろん、家屋敷、道路、水路、山野などの人々の生活・生産基盤は根こそぎ破壊され、その復旧は困難を極め、地域に大きなツメ跡を残しました。
見学記
古文書が展示してあるが、文書ごとの解説は無く、残念ながら読めないので何が書いてあるかわからない。図としては、神奈川県内に積もったテフラ(火山噴出物)の深さが展示してある。富士・箱根では場所によって80cm、相模平野は20~40cm、武蔵では10cm位といったところか。発掘調査の写真も展示してある。テフラを表面から除いても廃棄場所がなく、このため耕作地の何割かは使えなかったようだ。復旧方法として天地かえしという方法があり、断面の発掘写真が展示してある。まず溝を深く掘りテフラを溝に入れ、表面をもとの耕作土で覆う。結果、地面の下に、角柱状のテフラが規則正しく並ぶ構造となる。

トピックス展示「二代歌川広重「諸国名所百景」第二弾」
shokoku100k2.jpg
HPよりコピー
二代歌川広重(1826~69)は幕末から明治初めにかけて活躍した浮世絵師です。初代広重の作風を継いだ抒情味あふれる風景画を手掛けたほか、横浜浮世絵の分野でも多くの作品を遺しました。今回は当館所蔵の二代広重作品から、「諸国名所百景」のシリーズを全5期に分け、南から順に北上しながら展示いたします。二年五ヵ月もの歳月をかけて制作に挑んだ二代広重の大作をご堪能ください。
「諸国名所百景」では、北は青森、南は長崎までの、日本全国の名勝・名跡が描かれます。二代広重はこうした諸国の様相を、さまざまな絵手本を参考にしつつ制作しました。師匠である初代広重の作品、淵上旭江著『山水奇観』をはじめとする名所図会がその一例でしょう。二代広重はここに、異国船や外国人といった最幕末の浮世絵師らしいモチーフを時折加えながら、日本の美しい風景を独自の視線で描いています。第一弾の九州・中国・四国地方の作品に続き、今回は第二弾として、四国・近畿地方の作品をご覧いただきます。
諸国名所百景 阿波 鳴戸 真景 歌川広重(二代) 安政六年(1859)九月
諸国名所百景 播州 室津 真景 歌川広重(二代) 安政六年(1859)十月
諸国名所百景 播州 舞子の浜 歌川広重(二代) 安政六年(1859)九月
諸国名所百景 播州 姫路 市川渡し 歌川広重(二代) 安政六年(1859)十一月
諸国名所百景 但馬 鷹のはま 歌川広重(二代) 安政六年(1859)十一月
諸国名所百景 大坂 天保山 歌川広重(二代) 安政六年(1859)十月
諸国名所百景 摂州 難波橋 天神祭の図 歌川広重(二代) 万延元年(1860)三月
諸国名所百景 摂州 布引の滝 歌川広重(二代) 安政六年(1859)五月
諸国名所百景 泉州 堺 なにわやの松 歌川広重(二代) 安政六年(1859)九月
諸国名所百景 泉州 牛滝 丹楓 歌川広重(二代) 安政六年(1859)十二月
諸国名所百景 大和 よし野山 歌川広重(二代) 安政六年(1859)十月
諸国名所百景 大和 長谷寺

見学記
12枚の諸国名所百景が展示してあった。個人的には天保山(天保山は大阪市に現存する人工の山で、現在の標高はわずか4.5メートルほど。しかし、もともとは十間(約18メートル)余の山でした。)や布引の滝がそういうところがあったのかと面白かった。浮世絵自体の素晴らしさは、良くわからない。構図が幼稚で色が少し濃いような気もするが?

感想
古文書は、少しでも読めたらと思うが勉強不足で全く読めず、お手上げ。災害時、農民はその日暮らしであったようで、食料の蓄えもなく、領主の旗本も貧乏暮らしであったようであるが、文書が読めず詳細不明、残念でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント