歴史探訪(神奈川県の史跡 大和市ウォーキングマップ 深見歴史の森・境川コース)

歴史探訪(神奈川県の史跡 大和市ウォーキングマップ 深見歴史の森・境川コース)
2021年1月14日(木)新型コロナで謹慎中であるため、昼間のすいた電車に乗るのも少し控えており、近所を散策している。本日は、境川の西岸を大和市・目黒から深見神社まで散策し、以前訪問した深見城址も再訪することにした。
本日のコースは、大和市ウォーキングマップ 深見歴史の森・境川コースである。
なお、深見城址・深見神社については、下記ブログに詳しく記載してあるので見てください。
・歴史調査(大和市の歴史 第2章 中世 )
https://44806945.at.webry.info/202007/article_5.html
・歴史探訪(神奈川県の史跡 深見城址)・・・・深見城址
https://44806945.at.webry.info/201809/article_15.html
佛導寺・深見神社については、下記ブログを参照ください。
・歴史探訪(神奈川県の史跡 大和市ウォーキングマップ 深見歴史の森・境川コース 大和駅~深見神社)
https://44806945.at.webry.info/202005/article_3.html

コース
鶴間駅~大和橋(大和市246号目黒交差点付近の境川にかかる橋)~境川西岸遊歩道~深見城址公園~八雲神社~境川西岸遊歩道(中島橋ー深瀬橋ー入村橋)~佛導寺~深見神社~大和市コミュニッティバスで大和市役所へ移動(150円)~鶴間駅


訪問記
国道246号にかかる境川の大和橋から見た境川
IMG_2934.JPG
南へ少し歩くと、右側の森に入っていく道があり、深見城址に登って行く。
深見城址公園
川岸からの天竺坂への道
IMG_2938.JPG
天竺坂
IMG_2939.JPG
河岸段丘の坂の上のにある説明板
IMG_2941.JPG
深見歴史の森(深見城址公園)
IMG_2944.JPG
森に入っていくと、河岸段丘に沿って(川と平行に)に崖の上に道がずーと続いている。
IMG_2946.JPG
ひと気のない道を歩いて行く。
IMG_2947.JPG
2から3百米行くと道が途切れて、行き止まりとなり、川と反対側に降りて行く。ここまでが城址公園のようだ。
IMG_2948.JPG
段丘を降りたところからさらに西に坂を登ると八雲神社がある。
この坂は、谷戸坂というそうである。
IMG_2952.JPG
IMG_2953.JPG
八雲神社
素戔鳴尊を祀る、嘗ては祇園社と呼ばれた寺院かと思われます。
IMG_2950.JPG
境内の道祖神、庚申塚
IMG_2955.JPG
東名高速道路の高架下を潜り、再び川岸へ戻る。
境川西岸遊歩道
IMG_2975.JPG
丁度渡り鳥が来る季節で、色々な水鳥が見られた。一番多かったのはコガモである。
その他見かけた水鳥を列挙すると(カラス・鳩・ハクセキレイもいた)
カルガモ、ヒドリガモ、オオバン・オナガガモ・オオヨシガモ・コサギ・ダイサギ

オナガガモ・コガモ.JPG

川岸の道が途絶えて、相鉄線の高架下を潜り、佛導寺・深見神社に到着する。ここからちょうど大和市営のバスが通りかかったので乗って、大和市役所に戻った。乗客は私一人であったので感染の危険は無いと思う。

感想
深見城址は、一度は整備されたようだが、訪れる人も無く、道はけもの道の様で、公園内の標識杭も抜かれて、横たわって放置されている。深見城の詳しいことがわかっていないため、興味がわかないせいか、誰もあまり訪れる気にはならないのだろう。やむなし!!!
泉の森のしらかしの池は、ヒドリガモ・オオバンが主だが、境川の方が、コガモが主で、少し違うようだ。
去年の秋から、水鳥を覚えはじめ、しらかしの池でこのほか見た鳥は、カワセミ・キンクロハジロ・バン・アオサギ・ダイサギ等である。
しかしどちらも、マガモやカイツブリ・ホシハジロ・オシドリを見かけないが、もっと何回も行かないとこれらの色々な水鳥は見れないのだろうか????


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント